「韓国なんて要らない」と報じた日本の見え方


****************
「韓国なんて要らない」と報じた日本の見え方
****************

**ネットの声***

「不買運動に旅行自粛など官民挙げて反日活動をするような国なんて要らないと思うのは自然な感情。日本の韓国離れが進むのは良い事だと思う。」

「まだわからないのか?
日本にとって、韓国は敵だからですよ。」

「だっていらないもん!」

「改めて聞きますが、韓国って要りますか? 要るってヒトに聞きますが 何故?」

「差別では無い。身近でも気が会わない奴はいつの世も居る。
無理して付き合うと互いに疲れるだけだから。
質の悪い人間と付き合うと自分の質も下がってしまうのと同じで、レベルの低い国とは関わりを持たないのが最善です。将来の日本の子供たちの為にも国交断絶に向けて今後は交流を避けるべきですよ。」

***


Sponsored Links


韓国なんて要らないvs日本なんて要らない

日韓関係が過去最悪と言われるほど冷え込む中、
週刊ポストは「韓国なんて要らない」と特集を組んだすえ、
「差別的だ」と炎上し、謝罪に至った。

その一方で、韓国では日本についてどう報じられているのか。
朝鮮語翻訳者でもあるライターの安宿緑氏は韓国の現地報道を分析し
「日本に頼らず何とかしていこうという論調が強い」と指摘。
“日本なんて要らない”。そんな韓国の本音が見え隠れする――。

 韓国のニュース専門テレビ局YTNはウェブサイトで
「日本が我が国に対する報復措置として行った輸出規制は、
日本のほうがより大きな打撃を受けたことを意味する」と報じている。

それによると韓国産業通商部と日本の財務省統計を見ると、
2019年7月の対日本輸出額は昨年の同期間よりも0.7%に縮小。

一方で日本の対韓国輸出額は6.9%減少、
単純比較では日本の輸出額の減少幅が23倍にもなると指摘した。
だが、半導体など日本への依存度が高い製品の規制に対する不安は隠せないようだ。

続き本文へ ***>>>


Sponsored Links


本文:*****

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう