老後資金報告書の撤回決定 金融審、「案」のままHP掲載


*****
老後資金報告書の撤回決定 金融審、「案」のままHP掲載

**ネットの声***
「率直に述べれば2000万円どころか、それ以上必要ではなかろうか。」
「やったね撤回おめでとう!よかった2,000万貯めなくてもいいんだね♪
…とはならない。持つ者は貯め込むし持たない者はジリ貧になるだろう。」

「撤回しても、国民の多くはその内容を真実、あるいはそれ以上の金額が必要と理解しています。
内輪向けの決定は見っともないから、やめて頂きたい。また、撤回の決定は、安倍政権が国民の方を向いていないことを示すわかりやすい例となりました。」

「いやいやいや、都合悪い事は取り上げない、議題にしない。
なかった事にする。
この対応の方が「世間に著しい不安を与えるわ」」

***


Sponsored Links


金融庁の金融審議会は25日、総会を開いた。
95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の蓄えが
必要と試算して批判を浴びた老後資金報告書の撤回を決定した。

報告書は「案」のまま公文書として残し、
金融庁のホームページ(HP)に掲載を続ける。
金融審に諮問した麻生太郎金融担当相が報告書の受け取りを拒む異例の事態に発展し、
取り扱いが宙に浮いていた。

 総会では「今後は報告書を議題としない」ことを確認。
来春以降に別の報告書の策定を目指すが、
公的年金や老後の必要な資金額には触れない。

 中島淳一企画市場局長はあいさつで、報告書は
「世間に著しい誤解や不安を与えた」と改めて謝罪した。


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000039-kyodonews-bus_all

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう