韓国市民団体「独島守護全国連帯」会員、日本の空港で入国拒否


*****
韓国市民団体「独島守護全国連帯」会員、日本の空港で入国拒否

**ネットの声***

「当たり前の事、入国させたら治安維持の点で問題ある。」
「当然のこと。こんな人たち来なくていいです。こんな国の人たちも。」
「こういう人たちは今後も強化して入国拒否してほしい。犯罪予備軍の人達も入国拒否してほしい。」
「まあ、当然ですね。

入国拒否されると、搭乗させた飛行機会社のペナルティーは1人当たり20万円ほど空港に支払わなければなりませんので、バンバン入国拒否してあげればイイと思います。

航空会社も搭乗者のチェックを綿密に行わなければならないので、ビザ免除優遇停止しなくても、一石二鳥って感じですよね。

ビザ免除は年内に何とか停止して欲しいですが。。。」


Sponsored Links


***記事***

日本の独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張に抗議するため日本を訪れた市民団体が日本の空港で入国拒否された。

独島守護全国連帯のチェ・ジェイク議長と会員ら3人は28日正午に仁川(インチョン)国際空港を出発し午後2時ごろに東京の羽田空港に到着したが、入国を拒否され抑留されたと明らかにした。

これに先立ち独島守護全国連帯はこの日午前ソウルの日本大使館向かいにある平和の少女像前で日本の2019年版防衛白書『日本の防衛』採択を糾弾する記者会見を行った。

彼らは「日本政府は独島が日本固有の領土だと記述した防衛白書を15年にわたり発表している。歴史ねつ造防衛白書を直ちに廃棄せよ」と主張した。

***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000001-cnippou-kr

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう