韓国国内の“反日ムード”は真実か、現地旅行女性たちが告白


*****
韓国国内の“反日ムード”は真実か、現地旅行女性たちが告白

**ネットの声***

「国を挙げて 嫌 日してるような国にわざわざ行こうと思わない
後どう取り繕おうが韓が約 束ひとつまともに守らず嘘やねつ造を繰り返している 事 実 って変わらないと思います」

「気持ち悪いので日本製品を使わないで100%不買を徹底してほしい。」

「なるほど、興味深いルポですね。
簡単に言えば、その人たちは、韓国に行って無事に帰国出来た!という事でしょう。

でも政権としてはまだまだリスクがあり、予断を許さないと思います。
”真実”なのではなく、そういった事実がある、その事実に引っ張られるリスクがある、そのような状況下で知り合いや家族が半島に行く場合は、必ずバックアップ・プランを十分に検討してから行くようにする、という姿勢が大事かと考えます。
そうでなかったら仁川空港か釜山港で、まんじりとしないで帰国便を待つ事になるかと思います。」

「no japan」は許されて「韓国要らない」はダメなのか。よくわからないな。」

「最近、この手の記事をよく見るけど逆にお金を出してくれる人に酷い態度する人の方が少ないと思うけど………」


Sponsored Links


***記事***

《韓国国内で高まる“反日の機運”、『NO JAPAN』『NO ABE』の張り紙――》

韓国の元徴用工らに対する日本企業の損害賠償問題を契機に、こじれ続ける日韓の両国。韓国は9月17日、輸出管理の優遇措置を適用する「ホワイト国」から日本を除外する計画を承認。日本はすでに8月時点で韓国を「ホワイト国」から除外しており、両国間の問題は“泥沼化”しつつあるが――。

韓国現地では、本当に“反日ムード”が蔓延しているのか。8月に友人とソウルを観光したという37歳の主婦に話を聞いた。

「明洞で入ったレストランで、はじめ私たちは小声で日本語で話していました。ですが、日本人客だとわかると、店員が日本語でメニューの説明をしてくれたので、逆にびっくり。タクシーの運転手も、笑顔で対応してくれる人が多かったように思います」

しかし、8月23日、日本人の女性旅行者が、ソウル市内で韓国人男性からの暴行・暴言の被害にあったという事件も。韓国在住の日本人ライターは、現地の報道についてこう語る。

「その事実は、韓国でもしっかりと報じられました。日韓関係以前の問題として、被害者女性に対しては『同じ韓国人として恥ずかしい。申し訳ない』と、韓国人たちも加害者に憤りをあらわにしていたようです」

また、 ***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00010001-jisin-soci

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう