香港デモ、男子大学生が死亡=抗議活動に参加か


**香港デモ、男子大学生が死亡=抗議活動に参加か

**ネットの声***

「香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、この男子大学2年生(22)は4日、デモ隊と香港警察が衝突する現場近くの駐車場の3階から2階に転落。脳挫傷で昏睡状態にあったが、8日朝に死亡した。同紙は、この学生がデモ隊の中にいたのかどうか、なぜ駐車場にいたのか、あるいはどうして転落に至ったのかは明らかになっていないと述べている。ただし、デモ隊との衝突の中で、警察官が催涙ガスを放っていたことは判明。

同紙は「香港デモ関連での初めての死者」との表現は用いていない。しかし、これで高圧的な香港当局への批判がさらに強まっている。

個人的には1987年の韓国の民主化デモを思い出している。この時は軍事独裁の全斗煥大統領が、大統領直接選挙制など民主制度を採り入れた改憲を認め、同年12月には大統領選挙が行われた。香港の学生たちの民主化運動が奏功するのか。あるいは徹底的に弾圧されるのか。目が離せない。」


Sponsored Links


***記事内容***

【香港時事】反政府抗議活動が続く香港で8日、警官隊とデモ隊の衝突現場付近で負傷した男子大学生(22)が死亡した。

公共放送RTHKが伝えた。大学生はデモに参加していたとみられ、警察側の発射した催涙ガスから逃れようとして高所から転落した可能性などが指摘されているが、詳細は不明。6月から続く抗議活動に関連して死者が出たのは初とみられる。

 香港メディアによると、大学生は4日未明、ベッドタウンである新界地区の駐車場内で倒れているのを発見された。駐車場の上階から約4メートル下の下層階に転落したとみられ、頭を強く打っており、救急搬送されたが意識不明の重体だった。当時、駐車場の外では警官隊とデモ隊が激しい衝突を繰り広げていた。大学生は、ガスマスクなどは着けていなかったという。


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000063-jij-cn

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう