感染拡大のなか日本人はなぜ働くのか 中国メディアが記事に


感染拡大のなか日本人はなぜ働くのか 中国メディアが記事に
+++

日本人はなぜ新型コロナの感染が拡大している状況でも働こうとするのか
この疑問を中国メディアが記事にし、さまざまな問題点を指摘している
仕事以外の楽しみを知らない、失業を極度に恐れているなど
+++

厚生労働省は2月17日、新型コロナウイルスを巡る相談や受診の目安を示した際、「発熱など風邪の症状がある時は学校や会社を休んでください」と呼びかけた。しかし、会社の現実としてなかなか休めないと感じている人は多いことだろう。

 中国メディアの新浪網は2月29日、日本人の仕事における「問題点」について指摘する記事を掲載し、「日本人はなぜ新型コロナウイルスの感染が拡大しているなかでも働こうとするのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 中国でも会社のために自分を犠牲にしてまで働く人を「社畜」と呼んでいる。
記事は「社畜」という言葉は日本語から来ていると紹介。


Sponsored Links


この言葉には「愛社精神」とも関係があると分析した。
そして特に大企業ではこの愛社精神と「チームワーク」が密接に関係しているとしている。

このため、あるプロジェクトのチームが残業する時は、
そのメンバー全員が残業することになり、強制ではないものの、残業せざるを得ない雰囲気があると問題点を指摘した。

 別の問題点は「仕事効率の低さ」だ。
1日でできる仕事を3日かけることは普通のことで、上司の許可、上司の上司の許可、さらにその上司の許可と手続きに時間がかかるとしている。

さらに「仕事以外の人生の楽しみを知らないこと」も問題だと分析。
仕事にすべてをささげているため、退職すると何をして良いか分からない人が多いと伝えた。
ほかにも「仕事に対する心配」が強すぎると分析している。失業を極度に恐れていると指摘した。

続き本文へ >>>


Sponsored Links


出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17904872/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう