AKB「恋チュン」が最も稼いだ曲1位


日本音楽著作権協会(JASRAC)が20日、著作物使用料の分配額が多かった作品に授与するJASRAC賞を発表し、1位にあたる金賞にはAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」(作詞者・秋元康、作曲者・伊藤心太郎)が輝いた。

aichun


Sponsored Links


JASRACは「非常に幅広い分野で利用された」と分析。カラオケ、音楽配信、ゲーム・パチンコなどで使用された。来場できなかった秋元氏は「恋するフォーチュンクッキーはみんなで歌って、みんなで踊れる曲をつくろうというのがコンセプトでした。JASRAC賞の金賞をいただけたということは、それだけ多くの方に歌って踊っていただけたという証だと思います」とコメントした。


Sponsored Links


JASRAC賞は、その前年度におけるJASRACの著作物使用料の分配額が多かった国内の上位3作品を表彰するもの。「恋チュン」はCDシングル、有料音楽配信ともにミリオンセラーを達成したほか、カラオケでの人気も高く、また、覚えやすい振り付けのダンスも注目され、企業、学校、自治体などが、同曲によるダンス映像を動画投稿(共有)サイトに投稿したことも話題となった。

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう