警察挑発、再三の注意無視ドローン飛行予告少年「答えるつもりありません」


警視庁に威力業務妨害容疑で逮捕された少年は、自身のサイトを開設し「15歳で配信業やってます」と自己紹介。ドローンを飛ばしたり、警察から職務質問されたりする様子を生中継するなどしていた。過去に警察批判をしていた少年は、逮捕後の取り調べでも「答えるつもりはありません」と話しているという。

drone

善光寺での墜落騒動を起こした5日後の今月14日。少年は国会議事堂近くで生中継しながらドローンを飛ばそうとして、警視庁の警察官と押し問答になった。「やめろ」と言いながら警察官の顔が映るようにカメラを動かし、その後ツイッターで「こうじまちけいさつしょはかなり横暴です」「不当な拘束をされた」などと警察を批判した。


Sponsored Links


「ドローンを飛ばすこと自体は問題ない。ただ墜落してけが人を出すことは許されない」。再三の注意を受けながら反省の色を見せない少年に、多くの警視庁幹部が危機感を募らせていた。今回の逮捕は、こういった経緯から悪質性が高いと判断された結果だった。

ネット投稿に絡んでは、警視庁が今年1月、スーパーで菓子につまようじを差し入れる動画を投稿したとして、東京都三鷹市の少年を偽計業務妨害容疑などで逮捕した。視聴回数を稼ぐためとみられる投稿は、少年少女を中心に相次いでいる。


Sponsored Links


警視庁は「いたずらでは許されない」と危機感を強め、悪質な行為については今後も立件する方針だ。(sankei).


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう