「MERSは沈静化」と判断の韓国保健当局、新たな感染者判明し「判断留保」


2015年6月25日、中国・環球網によると、中東呼吸器症候群(MERS)の流行が沈静化しつつあると判断した韓国の保健当局が、新たな感染者が判明したことを受け、「判断留保」に改めた。

mers


Sponsored Links


韓国メディアによると、韓国保健福祉部中央MERS管理対策本部のクォン・ドクチョル氏は24日、江東聖心病院など複数の医療機関で新たな患者が確認されたことを受け、「先週末まではMERSの流行が沈静化しつつあると判断したが、現時点では沈静化の判断について答えられない」と述べた。


Sponsored Links


《出典》http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00000059-rcdc-cn

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう