人質1人を“殺害”」イスラム国が新画像公開


「イスラム国」とされる集団が日本人の人質1人を殺害したとして、後藤健二さんとみられる男性が湯川遥菜さんだとする遺体の写真を持つ画像をネットに公開しました。また、後藤さんを名乗る男の声で、「イスラム国」の要求は、ヨルダン政府が収監した女性死刑囚との交換だと訴えています。

Isuramu


Sponsored Links


日本時間の24日午後11時過ぎにインターネット上に公開されたビデオでは、人質となっていた後藤健二さんとみられる男性が、湯川遥菜さんとみられる男性の遺体の写真を持つ画像が映っています。画像には英語の音声がついていて、「私は後藤健二です。遥菜さんを殺害したのは、安倍(首相)、あなただ。2人の娘と妻に会いたい」と語るとともに、「イスラム国の脅しを真剣に受け取っていないので、こんな結果となった」、「ヨルダン政府に拘束された女性と交換して、私の命を助けてほしい」と訴えています。このサイトにはまた、アラビア語で、「イスラム国が一人の人質を殺害した。もう一人は生存しているが、その人質の家族と日本政府がイスラム国と連絡を取って殺害しないように交渉している」というメッセージが書き込まれています。


Sponsored Links


【元記事】TBS News


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう