生涯収入200億円→600円の転落人生!ロナウジーニョ氏「偽造パスポート」で逮捕

+++ ロナウジーニョ氏「偽造パスポート」で逮捕 生涯収入200億円→600円の転落人生 +++ 「金持ってれば寄ってくるし、無くなれば引いていく。タイソンもそんな感じで散財した様な。誰か優秀なとりまきがいればこんなことにはならなかったはず。」 「ブラジル人の金持ちで、ブラジルの銀行にレアルで預金置いてる人はまずいないと思うけど。 多分スイスとかに持ってる。」 「200億もあれば投資なんかしなくてもひ孫の代まで豪遊できるのに、さらに儲けようとして一文無しになる人が多いのは何故なのか。 その謎に挑むためにだれか僕に200億ください。」 === サッカーの元ブラジル代表のスーパースターが転落人生で約200億円がスッカラカンに!?  かつてブラジルのエースとして活躍したロナウジーニョ氏(39)が、 偽造パスポートでパラグアイに入国したとして逮捕された。 ブラジルのテレビ局「グローボ」によると、 自著の出版イベントに出席するため同国を訪問したロナウジーニョ氏と、 札幌でもプレーした兄で代理人も務めるアシス氏(49)が 首都アスンシオン近郊のホテルで警察に逮捕されたという。 詳細本文へ 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000038-tospoweb-socc Please follow and like us:

つづきを読む

ロナウジーニョ氏がパスポート偽造で逮捕 パラグアイで発覚

+++++++ ロナウジーニョ氏がパスポート偽造で逮捕 パラグアイで発覚 +++++++ ロナウジーニョ氏が逮捕されたと5日、ブラジルメディアが報じた 4日、パラグアイのホテルで偽造パスポートを提示したため 過去にブラジルでパスポートを押収されており、今回出国のために偽造した +++ 元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、 偽造パスポートを使用したとしてパラグアイで逮捕された。 5日にブラジルメディア『veja』が報じている。  4日にチャリティイベントに参加したロナウジーニョ氏は、 パラグアイの首都アスンシオンのホテルに滞在しようとした際に偽造パスポートを提示したため、 地元警察に逮捕されてしまった様子。 ロナウジーニョは過去にブラジルでパスポートを押収されており、 今回出国のために偽造パスポートを製造。 国籍を記載する欄がブラジルからパラグアイに偽装されていた。 現地ラジオのインタビューに応じたパラグアイのユークリデス・アゼベド内務大臣は 「彼が文書を偽造したという情報がある」と発言しており、 単なるゴシップではないことが明らかになった。  今後、ロナウジーニョ氏は警察から許可を得てホテルに一晩滞在し、 本日未明にパラグアイ地元公務員の代表から取り調べが行われる。 出典:https://gunosy.com/articles/Rw1wp Please follow and like us:

つづきを読む

次々と異変発生 金正恩氏に生命の危機が迫っているとの仮説浮上

+++++++ 次々と異変発生 金正恩氏に生命の危機が迫っているとの仮説浮上 +++++++ 北朝鮮で異変が起きていると言われる中、金正恩氏の健康問題も浮上している 生命の危機が迫っている仮説があり、すでに死亡・危篤状態という見方も 正恩氏には3人の子どもがいると言われるが、後を継ぐには早過ぎるという 昨年末以来続く北朝鮮の異変  筆者は、2月5日に「新型コロナウイルスで北朝鮮崩壊の兆し」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59207)という記事で、昨年末から北朝鮮で起こっている「異変」について書いた。「異変」を列挙すれば次の通り。 ①“人工衛星”状態だった金平一の帰国(昨年12月1日以前) ②党中央委総会は何ら新しいビジョンを打ち出すことができず尻切れトンボ(昨年末) ③ミサイルも発射せず:トランプ氏への「クリスマスプレゼント」は反故に ④金正恩氏の「新年の辞」なし ⑤6年ぶりに金正日氏の、金正日の実妹・金慶喜氏(正恩氏の叔母で、その夫の張成沢氏は正恩に粛清された)妹の健在を確認(1月25日) ⑥人事の刷新:軍出身の李善権氏の外相就任(1月)  現在、北朝鮮では、深刻な食糧不足で飢餓が深刻化しているとみられる。  加えて、昨年末に中国で新型肺炎が発生し、飢餓で免疫力が低下した多くの人民に計り知れないダメージを与える恐れが高まっている。  このように、2つの危機が重なり、北朝鮮は体制崩壊の危機を迎えつつあるとの観測がなされているところである。 新たな異変が次々発生 ●高麗航空チャーター便で、外国人の帰国を援助  2月2日付の「北朝鮮、出国希望の外国人にチャーター便=中国国営TV」 と題するロイター電が目を引いた。その要旨はこうだ。 北朝鮮が同国の国営航空会社、高麗航空を1便チャーターし、 国際機関の職員や欧州諸国の外交官ら帰国を望んでいる外国人を3月6日に出国させる。 チャーター便は首都の平壌からロシアのウラジオストクまで運航するという。中国国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が2日、伝えた。 本文・・>>> 出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17915273/ Please follow and like us:

つづきを読む

新型コロナ流行で握手やキスが消える 中国や欧米で挨拶に変化

新型コロナ流行で握手やキスが消える 中国や欧米で挨拶に変化 +++ 新型コロナの影響で消えていく世界の習慣を紹介している 中国では、握手の代わりに自分の両手を合わせるよう呼びかけられているそう スペインでは聖母マリア像にキスをする習慣を禁止するか否か検討されている +++ 握手を断り、頬へのキスを拒み、果てにはハグさえも避け、代わりに目を真っすぐ見つめたり、両手を使って身ぶりをしたりするようになるかもしれない。  世界中の職場や家庭、教会などで、新型コロナウイルスの感染リスクと流行拡大を抑えるために、人々の習慣が変化している。世界で3000人超の死者を出している新型ウイルスをめぐり、各国の日常習慣はどう変化しているのだろうか。 ■中国  新型コロナウイルス流行の発生地となった中国の首都北京では、赤い警告板で市民に対し、握手はせず、代わりに自分の両手を合わせてあいさつをするよう呼び掛けている。また市中の拡声器では、胸の前で片手を握り、それをもう一方の手で包み込む伝統的なあいさつ、拱手(こうしゅ)を呼び掛けている。 ■フランス  フランスの職場では握手が日常的なあいさつであり、また初めて会ったばかりの人同士でさえ頬にキスをする習慣がある。だが今、フランスの新聞には、これらに代わるあいさつのアドバイスがあふれている。  メディアによく登場するライフスタイル研究者のフィリップ・ラヒトゥフス(Philippe Lichtfus)氏は、握手は人類の歴史の中では比較的新しく中世に広まったあいさつの仕方だと説明。目と目を合わせるだけであいさつとしては十分だと主張している。 ■ブラジル  ブラジル保健省は、南米の飲料マテ茶を飲む際に使用する鉄製のストローを他人と共有して回し飲みをしないよう勧告している。またキスは、たとえ唇以外でも当分の間、しない方がいいとアドバイスしている。 ■ドイツ  ドイツでは2日、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相がしようとした握手を、ホルスト・ゼーホーファー(Horst Seehofer)内相が笑いながら拒む一幕があった。ゼーホーファー氏が手を出さなかったため、メルケル氏はそのまま手を上げ、2人は笑い合った。 ■スペイン  キリスト教の祝日イースター(Easter、復活祭)を約1か月後に控えるスペインでは、聖母マリア(Virgin Mary)の像にキスをする習慣を禁止するかどうか検討されている。 ■イラン  新型コロナウイルスへの感染で66人の死者が発生しているイランでは、3人の友人同士が握手の代わりに足を振り、つま先を当ててあいさつする動画がインターネット上で拡散している。 ■レバノン  レバノンでも同様に歌手とコメディアンが登場し、口でキスの音を立てながら、つま先を当てあってあいさつする動画が登場している。 ■アラブ首長国連邦(UAE)  UAEでは伝統的な「鼻と鼻をつける」あいさつをやめるよう市民に勧告している。また握手やキスもすべきでないとして、代わりに「手を振るだけ」にするよう呼び掛けている。 出典:【翻訳編集】AFPBB News https://news.livedoor.com/article/detail/17904847/ Please follow and like us:

つづきを読む

感染拡大のなか日本人はなぜ働くのか 中国メディアが記事に

感染拡大のなか日本人はなぜ働くのか 中国メディアが記事に +++ 日本人はなぜ新型コロナの感染が拡大している状況でも働こうとするのか この疑問を中国メディアが記事にし、さまざまな問題点を指摘している 仕事以外の楽しみを知らない、失業を極度に恐れているなど +++ 厚生労働省は2月17日、新型コロナウイルスを巡る相談や受診の目安を示した際、「発熱など風邪の症状がある時は学校や会社を休んでください」と呼びかけた。しかし、会社の現実としてなかなか休めないと感じている人は多いことだろう。  中国メディアの新浪網は2月29日、日本人の仕事における「問題点」について指摘する記事を掲載し、「日本人はなぜ新型コロナウイルスの感染が拡大しているなかでも働こうとするのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。  中国でも会社のために自分を犠牲にしてまで働く人を「社畜」と呼んでいる。 記事は「社畜」という言葉は日本語から来ていると紹介。 この言葉には「愛社精神」とも関係があると分析した。 そして特に大企業ではこの愛社精神と「チームワーク」が密接に関係しているとしている。 このため、あるプロジェクトのチームが残業する時は、 そのメンバー全員が残業することになり、強制ではないものの、残業せざるを得ない雰囲気があると問題点を指摘した。  別の問題点は「仕事効率の低さ」だ。 1日でできる仕事を3日かけることは普通のことで、上司の許可、上司の上司の許可、さらにその上司の許可と手続きに時間がかかるとしている。 さらに「仕事以外の人生の楽しみを知らないこと」も問題だと分析。 仕事にすべてをささげているため、退職すると何をして良いか分からない人が多いと伝えた。 ほかにも「仕事に対する心配」が強すぎると分析している。失業を極度に恐れていると指摘した。 続き本文へ >>> 出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17904872/ Please follow and like us:

つづきを読む

韓国の対日外交、立ち往生 限られた選択肢、日本に不信

**韓国の対日外交、立ち往生 限られた選択肢、日本に不信 **ネットの声*** 「この短期間に見事なまでの四面楚歌、八方塞がりの状況に持っていくなんて、やはりムンムンは素晴らしいリーダーですよ。」 「GSOMIAは破棄できるわけがない。輸出管理については韓国側がやるべきことをやらなければ継続されるだけ。場合によってはさらなる降格もあり得る。」 「輸出管理は日本と韓国の問題であるのに、GSOMIA破棄を外交交渉に持ち出しアメリカに対して甘えがあったのでしょう。 アメリカが総攻勢に出ると、文政権はプレッシャーに勝てなかった。」 ***記事内容*** 【ソウル=名村隆寛】日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避に関する合意解釈をめぐり、韓国では日本への不信感がくすぶり、政府関係者からは早くも「協定中断」を示唆する声も出ている。  協定延長を米国は歓迎しており、韓国でも延長自体は評価されている。だが、大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日、日本の経済産業省の発表は了解内容と大きく異なると批判。日本側から外交ルートを通して謝罪があったと語った。  しかし、鄭氏の発言について日本メディアが25日、「そのような(謝罪の)事実はない」との日本外務省幹部の発言を報じるや、大統領府の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は「日本側は謝罪した」と反論。安倍晋三首相が韓国に「何の譲歩もしなかった」と述べたという報道について、大統領府高官は「良心を持って言えるのか」と不満を示した。  韓国政府では「信義に反する」との不満も出ている。GSOMIAの維持と韓国政府による世界貿易機関(WTO)への提訴手続きの停止は「最終合意ではない。すべて条件付きで暫定的」(鄭氏)だという。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000585-san-kr Please follow and like us:

つづきを読む