「韓国人観光客が半分」 衝撃受けた日本…菅氏「他の国増えた」詭弁

** 「韓国人観光客が半分」 衝撃受けた日本…菅氏「他の国増えた」詭弁 **ネットの声*** 「詭弁ではないわな。 総数で見ると菅さんの言ってることは正しい。 一方で偏った誘致しかできていなかった地方にダメージがあるのも事実。 これを機に戦略を見直せばよい。 リスクのある国の人間をあてにするとろくなことにならない。」 「「詭弁」と仰るのは自由ですが、日本としては韓国人旅行客は来なくて構いません。 短期的には影響が出る地域もあるでしょうが、 長期的に見て日本にはメリットしかありませんので、 安心して脱日本を進めてください。」 「訪日客数ではなく消費金額は増大したのはどういうことかわからないんだ」 *** 日本メディアは19日、「8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、 前年同月比48・0%減って30万8700人だった」 という前日の日本政府の発表を大きく報じた。 日本の主要日刊紙のうち朝日や読売、毎日新聞はこれを1面トップ記事で扱った。 「韓国からの訪日客、半減 対韓輸出、食品は4割減」(朝日)、 「8月の韓国からの訪日客、前年比48%も減少」(読売)、 「訪日韓国人、先月48%減 日韓対立長期化響く」(毎日)などのタイトルだった。 前年同月比の韓国人観光客の減少幅48%は東日本大震災が発生した 2011年3月の47%、4月の66%、5月の58%とほぼ同じ水準だと日本メディアは報じた。 日本を訪れた全体観光客数も韓国人観光客の減少の影響で 11カ月ぶりに減少傾向(-2.2%)に転じた。 「前年同月比」全体外国人観光客数の減少は、 台風の影響で関西空港が麻痺し、北海道の地震まで重なった昨年9月以降11カ月ぶりとなる。 読売新聞は「(韓国の)SNSには『旅行先を日本から変えた』とアピールする韓国人の投稿が目立つ。 旅行先を日本から変更する客に割引サービスを提供する旅行会社も出始めている」 「格安航空会社を中心に、 日本と韓国を結ぶ路線の運休が相次いでいる。 韓国からの旅行者は今後も低迷する可能性がある」と危機感を募らせた。 ***>>> 出典:***** Please follow and like us:

つづきを読む

「韓国なんて要らない」と報じた日本の見え方

**************** 「韓国なんて要らない」と報じた日本の見え方 **************** **ネットの声*** 「不買運動に旅行自粛など官民挙げて反日活動をするような国なんて要らないと思うのは自然な感情。日本の韓国離れが進むのは良い事だと思う。」 「まだわからないのか? 日本にとって、韓国は敵だからですよ。」 「だっていらないもん!」 「改めて聞きますが、韓国って要りますか? 要るってヒトに聞きますが 何故?」 「差別では無い。身近でも気が会わない奴はいつの世も居る。 無理して付き合うと互いに疲れるだけだから。 質の悪い人間と付き合うと自分の質も下がってしまうのと同じで、レベルの低い国とは関わりを持たないのが最善です。将来の日本の子供たちの為にも国交断絶に向けて今後は交流を避けるべきですよ。」 *** 韓国なんて要らないvs日本なんて要らない 日韓関係が過去最悪と言われるほど冷え込む中、 週刊ポストは「韓国なんて要らない」と特集を組んだすえ、 「差別的だ」と炎上し、謝罪に至った。 その一方で、韓国では日本についてどう報じられているのか。 朝鮮語翻訳者でもあるライターの安宿緑氏は韓国の現地報道を分析し 「日本に頼らず何とかしていこうという論調が強い」と指摘。 “日本なんて要らない”。そんな韓国の本音が見え隠れする――。  韓国のニュース専門テレビ局YTNはウェブサイトで 「日本が我が国に対する報復措置として行った輸出規制は、 日本のほうがより大きな打撃を受けたことを意味する」と報じている。 それによると韓国産業通商部と日本の財務省統計を見ると、 2019年7月の対日本輸出額は昨年の同期間よりも0.7%に縮小。 一方で日本の対韓国輸出額は6.9%減少、 単純比較では日本の輸出額の減少幅が23倍にもなると指摘した。 だが、半導体など日本への依存度が高い製品の規制に対する不安は隠せないようだ。 続き本文へ ***>>> 本文:***** Please follow and like us:

つづきを読む

実はヨーロッパ製!? 疑惑の韓国「タンザニア独島硬貨」を徹底調査

**************** 実はヨーロッパ製!? 疑惑の韓国「タンザニア独島硬貨」を徹底調査 **************** 韓国の公共放送「韓国の領土“独島記念硬貨”タンザニアが発行」 「なんでタンザニア?」という言葉が頭に浮かんだ。 9月16日、韓国の公共放送KBSが下記のニュースを報じた。 「独島が『韓国の領土』 と表記された硬貨がタンザニアで今年7月に発行され、 韓国の国内外で販売されている」 韓国が独島として不法占拠している島根県の竹島について、 遠いアフリカのタンザニアが『DOKDO』『THE LAND OF KOREA』 という英文が記された硬貨を発行したというのだ。 額面は3000シリング(日本円で約140円)。 タンザニアに行けば、実際に使用できる硬貨との触れ込みだ。 韓国KBSの報道では貨幣収集家の男性がインタビューで 「韓国も独島硬貨を積極的に検討すべきだ」と力説する。 この脈絡から判断するに『タンザニアも韓国領だと認めた独島を、 より国際社会に知らせる手段として韓国も独島硬貨を導入しよう』 ということを伝えたいのだろう。 ただ何か怪しい。そもそもなぜタンザニアが竹島を 韓国領だと記した硬貨を発行したのだろうか。 その経緯については報道では全く触れていないのだ。 菅官房長官は完全否定「発行した事実はない」 菅官房長官は放送翌日(9月17日)の会見で報道について言及した。 「在タンザニアの日本大使館から直ちにタンザニア外務省に 事実関係を確認したところ、先方からは、 中央銀行含めタンザニア政府としてそのような記念コインを発行した事実はない。 このように回答がありました。」 ***>>>> 出典:***** Please follow and like us:

つづきを読む

「旦那さんを拠点に」鈴木奈々が茨城県で家賃6万円生活をする理由

**************** 「旦那さんを拠点に」鈴木奈々が茨城県で家賃6万円生活をする理由 **************** 9月14日(土)よる10時より、 AbemaTVにてオリジナル結婚リアリティーショー 『さよならプロポーズ』#4が放送され、 ゲスト出演したタレントの鈴木奈々が、 茨城県の家賃6万円のマンションで、 夫婦生活を送る理由を明かした。 本番組は、仕事が第一の彼氏を持つ交際2年のカップルと、 関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年のカップルの2組が、 イタリア7日間の旅を通し、最終日に”結婚する”か、 “別れる”かのどちらかを必ず決断する、 最も残酷で、愛に溢れた結婚リアリティーショー。 小籔千豊がメインMCを務め、第4話はゲストに鈴木奈々、 ユースケ(ダイアン)、桃を迎えて放送された。 兵庫の外資系企業に勤めているカズ君(26)と、 東京でモデルをしているサアヤ(29)。 婚約後にサアヤの仕事が増え、東京を離れにくくなったことで、 2人は結婚に踏み切れないまま1年が経過。 決断を下すため今回のイタリア旅行に参加することになったものの、 同居を巡り意見が対立し、 話し合いは平行線をたどっていた。 その後のスタジオトークでは、遠距離恋愛が話題に。 2014年に一般男性と結婚した鈴木は、 遠距離恋愛の経験はないとのこと。 現在は「茨城県の家賃6万円のマンションに 住んでいる」と言い、東京で仕事がある際には、 電車で通っていると明かした。 本文:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17095096/ Please follow and like us:

つづきを読む

ヘビースモーカーだった二宮和也 禁煙で体形に「異変」か

**************** ヘビースモーカーだった二宮和也 禁煙で体形に「異変」か **************** 嵐・二宮和也の体形に変化が生じていると週刊女性PRIMEが報じた 「彼が太りだしたのは禁煙したからではないでしょうか」と関係者 人間ドックでは、内臓脂肪の数値が基準値を大幅に上回っていたそう **************** デビュー20周年を迎えても、相変わらず絶好調の嵐。そんな人気グループのメンバーである二宮和也(36)に“異変”が起きている。 「最近、太ってしまったようなんです。彼はデビューしたときからやせていて、今までほとんど体形も変わらなかったのに……。顔がふっくらして、肩幅も広くなったんです。ファンの間では、“急に太りだした”“体調を崩しているのでは”など心配する声があがっていますよ」(二宮のファン)  本人も太ったことを自覚しているのか、8月30日に京セラドームで行われたコンサートのMCでは、こんな発言も。 「健康診断のために人間ドックに行ったところ、内臓脂肪の数値が基準値を大幅に上回っていたと話していましたよ。医師にも“きちんと運動してください”と注意されたといいます」(同・二宮のファン)  スリムな体形が崩れた裏では長年、彼が続けていた“ある習慣”に変化が。 「タバコを控えているんです。以前は仕事先の喫煙所で彼をよく見かけましたが、最近は全然いないんですよ。タバコのかわりなのか、仕事の合間にはミンティアやガムを口にしているそうですよ」(芸能プロ関係者)  昨年4月に放送されたドラマ『ブラックペアン』(TBS系)でも、二宮がタバコを吸うシーンがあったが、喫煙はドラマの中だけではなかった。 「彼はヘビースモーカーで有名でした。仕事先に着くと、すぐに喫煙所を探して、一服していましたからね。最近、彼が太りだしたのは禁煙したからではないでしょうか」(同・芸能プロ関係者)  週刊女性でも’13年に公開された映画『プラチナデータ』のロケの合間に彼がタバコを吸っているところを目撃している。 “禁煙すると太る”と言われているが、禁煙外来の治療も行う正木クリニックの正木初美院長は、太る原因は食べすぎにあると指摘する。 「禁煙した約8割の人が、体重が2~3キロ増えると言われています。禁煙したことで、味覚や嗅覚が改善され、以前より食べ物が美味しいと感じるのです。また、胃の粘膜の血行がよくなり、胃の調子も改善されることで、食欲が出たり、栄養分が吸収されやすくなるんです」  とはいえ、太るのは一時的なものだという。 本文:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17097614/ Please follow and like us:

つづきを読む

芸能界の秩序を維持するため?のんが干された背景に「鉄の掟」

**************** 芸能界の秩序を維持するため?のんが干された背景に「鉄の掟」 **************** のんが干されたのは、やむを得ないとの見方もあると日刊ゲンダイが報じた 芸能界には引き抜き禁止・独立阻止という「鉄の掟」が存在するとのこと だが、風向きは変わり、のんを取り巻く環境は着実に改善しつつあるという **************** 7月18日、女優のん(能年玲奈、26)のマネジメントに携わる、 株式会社スピーディの福田淳代表がHPで 「テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、 脚本などオファを頂きました。 しかし、 お話が進むうちに、 上司や担当役員によって突然潰されてしまうことが 繰り返されてきました」 と告白し、話題となった。  のんはどうして干されたのか。 「週刊文春」(2015年5月7・14日合併号)によれば、 「あまちゃん」を撮影していた頃から、 のんと演技指導を担当する滝沢充子との 関係を所属事務所が問題視していたという。 「あまちゃん」がクランクアップした時に「あまちゃん」 の公式HPに掲載されたのんの感謝の言葉の中に滝沢の名前が記されていた。 これによりのんと事務所の関係が決定的に悪化。  事務所に呼び出されたのんはチーフマネジャーから 「玲奈の態度が悪いから、オファーが来ていない。 仕事は入れられないよね。事務所を辞めたとしても、 やっていけないと思うけどね」などと告げられた。 ***>>>> 出典:***** Please follow and like us:

つづきを読む

日本を輸出優遇国から除外した韓国「WTOの規定に準拠している」

**************** 日本を輸出優遇国から除外した韓国「WTOの規定に準拠している」 **************** 韓国は18日、輸出管理で優遇措置を取る国のグループから日本を除外した 今回の措置に関し、WTOの規定に準拠しているとして正当性を強調する構えだ 一方で、韓国メディアからは日本によるWTO逆提訴を警戒する声も上がった **************** 韓国は18日に安全保障上の輸出管理で 優遇措置を取る国のグループから日本を除外したことに関し、 世界貿易機関(WTO)の規定に準拠しているとして 正当性を強調する構えだ。 産業通商資源省の当局者は 「国内法、国際法の手続きに従ったものだ」としている。 この当局者は、 日本政府が8月に韓国を優遇措置の対象国から 除外したことについて「政治的な目的だった」 と批判を強めた。 一方で、 韓国メディアからは日本によるWTO逆提訴を警戒する声も上がった。 出典:***** YahooJP Please follow and like us:

つづきを読む

日本を優遇対象国から除外した韓国「日本の措置とは根拠や趣旨が違う」

**************** 日本を優遇対象国から除外した韓国「日本の措置とは根拠や趣旨が違う」 **************** 韓国政府は18日、輸出管理の優遇対象国から日本を除外した 対抗措置ではなく、日本側の措置とは根拠や趣旨が違うと主張 日本側の輸出管理を報復だと批判し、WTOに提訴したばかりだ **************** 日本と韓国の対立が続く中、 韓国政府は18日、 輸出管理の優遇対象国から日本を除外した。 韓国政府によると、 輸出管理の優遇対象国から日本を除外するための制度改正が 18日に施行された。 これにより、軍事転用の恐れがある戦略物資を韓国から日本へ 輸出するための手続きが厳格化され、 申請に必要な書類が増えたり、審査期間が長くなるなどする。 韓国政府は、日本側の輸出管理の強化措置を、 歴史問題を動機とする経済的な報復だと批判し、 WTO(=世界貿易機関)に提訴したばかり。 一方で、今回の自らの措置については、 「国際協力が難しい国」を対象に、 厳しく輸出を管理できるよう制度を改善したものだと主張。 日本への対抗措置との見方を否定した上で、 「日本側が行った措置とは根拠や趣旨が全く違う」としている。 続き本文へ ***>>>> 出典:***** Please follow and like us:

つづきを読む

ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来

**************** ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来 **************** 今年から新たに開催されたミスコンテスト「ミス・ジャパン」。 公式HPによると、 〈国内のミスコンテストの決定版として、この度、 新しく開催する年間のページェント〉だそうで、 紛らしいが「ミス・ユニバース・ジャパン」とは別物だ。  9月12日、日本大会が都内で開催され、 栄えある「ミス・ジャパン」初代女王には、 東京都代表の土屋炎伽さん(27)が選ばれた。 炎伽さんは現在都内の企業に勤務する会社員で、 富士通のチアリーディング部に所属。 「ミス・ジャパン」出場以前から 「美しすぎるチアリーダー」としてファンも多く、 業界では有名な存在だったという。  さて、この炎伽さん、女優の土屋太鳳(24)の実の姉。 6月3日に開催された「ミス・ジャパン東京大会最終選考会」には、 太鳳と弟で声優の土屋神葉(23)も会場に駆けつけ、 姉のファイナリスト選出を祝福。きょうだいの3ショットもマスコミに披露した。 「最終選考結果がメディアで報道された時から、 ネット上には〈妹のコネじゃないのか〉 なんていうあらぬ噂が多数まき散らされました。 「身長155cmのミス日本なんて今まで聞いたことないから叩かれても仕方ないね。」 「完全な出来レースだと思いますし、このような方がミスジャパンとは…到底世界と戦えるレベルではないですよね。普通にOLしてるほうが良いのではないですか?」 「妹がゴチに出るようになってから全く見なくなったな。」 続き本文へ ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000001-nkgendai-ent Please follow and like us:

つづきを読む

亀井京子アナ「おっさんみたいな嫁でごめんなさい」

********** 亀井京子アナ「おっさんみたいな嫁でごめんなさい」 ********** 元テレビ東京のアナウンサー亀井京子(37)が、 夫で野球解説者の林昌範氏(35)との出会いを振り返り、 「おっさんみたいな嫁でごめんなさい」とちゃめっ気たっぷりにつづった。 亀井アナは16日、ブログを更新。 「今週19日は主人のお誕生日! 36歳。私より若い笑 平日は帰宅も遅いので我が家は今夜お祝いします」 と書き出し、 「初めて主人に出会ったのが9月19日のお誕生日の日だったから かれこれもう14回目のお祝い」と振り返った。 2007年12月に結婚し、翌08年10月に第1子となる長女、 10年9月に第2子となる長男を出産。 「最近はすっかり男同士の親友のような夫婦 すっかり可愛げもない(元からなかったのかもしれない)、 おっさんみたいな嫁でごめんなさい」とユーモアを交え、 「36歳がよりステキな一年になるように私も陰ながらささえたいです」 とつづった。 **ネットの声*** 「素敵な奥さんだと思う。」 「なんかいいですね。年上で男前の女性、これ理想なんですよ。なよなよした人よりも好感が持てるんです実は。」 「夜だけオンナになってくれればよい」 「なんというかおっさんという言葉ならばどういう風に使っても良いと思っている人って多いね」 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-09160202-nksports-ent Please follow and like us:

つづきを読む

坂口杏里が「母親エピソード」で炎上「良子さんのこと悪く言うな」

**************** 坂口杏里が「母親エピソード」で炎上「良子さんのこと悪く言うな」 **************** 母親との思い出をYouTubeで話した坂口杏里について夕刊フジが報じている 0点のテストが母・良子さんに見つかり、柔軟剤を頭からかけられたという 「ただの悪口」「良子さんのこと悪く言うな」などのコメントが相次いでいる **************** 元カレのホストの自宅マンション内に侵入したとして、 住居侵入容疑で逮捕(不起訴処分)された元タレントの坂口杏里(28)。 現在はYouTubeで赤裸々告白の投稿を続けているが、 ネット上で批判が絶えないのだ。  今月に入って、YouTubeに「坂口杏里チャンネル」を開設した杏里。 7日には2013年に死去した母、坂口良子さんの思い出を語ったのだが 「あまりの内容に、“お母さんがかわいそう”などの批判の書き込みが相次ぎました」 と芸能サイト編集者。  幼いころ、机の中に隠していた0点のテストが良子さんに見つかり、 こっぴどく叱られたというエピソードを明かした杏里。 本来なら、そこからお母さんの優しさに触れるはずが、 「柔軟剤をボトルごと、頭にブワーってかけられて」 「頭ギトギトのまま、学校に一緒に行って謝罪をした」 と一転“ホラー”な話題となったのだ。  さすがにこれには「ただの悪口」 「坂口良子さんのこと悪く言うな」 「お母様の名前を出すのはやめましょう」など と書き込みが相次ぐことに。 その後も遺産の話などを投稿したが、 批判は後を絶たず。チャンネルを閉鎖し、 新たに「ANRIちゃんねる」を立ち上げた。  「ユーチューバーへの転身を宣言しましたが、 芸能界復帰への足がかりにしようと思っているなら マイナス効果しかない」と先の芸能サイト編集者。 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17082620/ Please follow and like us:

つづきを読む

「NO日本」 韓国国民の本音はどこに?

****>>>> 「NO日本」 韓国国民の本音はどこに? **************** 韓国が文在寅政権下になって以来、 日韓の対立はかつてないほど鮮明になった。 これに追い打ちを掛けたのが、 日本が7月に始めた韓国に対する「輸出規制強化」だった。 現在の日韓関係は悪化の一途をたどっている。 両国の報道が異常なまでにヒートアップする中、 韓国に在住する日本人である筆者の目線から見えた韓国、 そして日本の今を伝えたい。 ▼日本で感じた韓国への印象  7月末に夏休みを兼ねて日本に帰国した。 釜山からの成田便は行きも帰りもほぼ満席で、 日本人よりも韓国人の乗客で占められていた。 この時点では日韓関係の悪化による影響が 広がっているようには感じられなかった。  東京では新大久保の「コリアンタウン」を訪れたが、 その印象は変わらなかった。相変わらず多くの人でにぎわっているだけでなく、 10代や20代を中心とする若い世代はKポップを 始めとする韓国の芸能やファッション、メークなどに 夢中になっていたからだ。表面上だけかもしれないが、 そこに変化を見つけることはできなかった。 だが、****>>>> 出典:***** Please follow and like us:

つづきを読む

20年間行方不明の米男性の遺体、池に沈んだ車から グーグルマップで偶然発見

**************** 20年間行方不明の米男性の遺体、池に沈んだ車から グーグルマップで偶然発見 ****>>>> グーグルマップを使っていたアメリカ人男性が偶然、フロリダ州の池の中に沈んでいる車を発見した。車内からは、約20年前に行方不明になった男性の白骨遺体が見つかった。 遺体で見つかったのは、ウィリアム・モルドさん(当時40)。全米行方不明者・身元不明者システム(NMUPS)によると、モルドさんは1997年11月7日午後11時ごろ、フロリダ州ランタナのナイトクラブを出たあと、行方が分からなくなった。 警察は、行方不明者として捜査を開始したものの、未解決のままだった。 行方不明になってから22年後の今年8月28日、フロリダ州ウェリントン・ムーンベイサークルにある池に車が沈んでいると、警察に通報が入った。 水中から引き揚げた車の中から、白骨遺体が見つかった。1週間後、この遺体がモルドさんのものであると確認された。 モルドさんの家族は、すでに遺体発見の知らせを受けている。 ■グーグルマップで発見 警察によると、以前この地域に住んでいた男性が、グーグルマップを使って検索をしていたところ、モルドさんの車が沈んでいるのを発見した。 発見者の男性から連絡を受けた現在のムーンベイサークルの住人男性は、ドローン(小型無人機)を使って池に車が沈んでいることを確認。警察に通報した。 続き本文へ ****>>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-49684681-bbc-int Please follow and like us:

つづきを読む