近づく「東芝解体」相次ぐ事業売却

東芝の米原発事業での損失が最大で7000億円規模に膨らむ恐れが出てきた。巨額損失で減少する資本を増強するため、主力の半導体事業を分社化し、他社の出資を受け入れることを検討している。 だが、それだけでは足らず、さらなる事業…

つづきを読む